ミナはね、わたしの兄弟姉妹のなかで、一

ミナはね、わたしの兄弟姉妹のなかで、一番の仲良しなの

松戸、本土寺にて - 花子の庭

           今日は冷たい雨が降り 昨日お花見に行けて幸運だったと改めておもいました                                かなり広い境内です  後方に見えているのが菖蒲田ですが花が殆どありません                           子供を抱く狛犬 珍しい!                                                                                                          紫陽花の色は本当に多彩  今回惹かれた色をupしてみました                   世の中では恐ろしい災害や痛ましい事件が多発 花の色にせめてもの癒しを貰います

第11章パート1ハルマゲドン1ChapterEl

第11章

パート1

ハルマゲドン

Part1

ChapterEleven

BEFOREGETTINGINTOTHEDETAILSOFTHISMOMENTOUSBATTLEOFTHEGREATDAYOFGODALMIGHTYknownmorecommonlyastheBattleofitishelpfultoalittle

ハルマゲドンの戦いとしてより一般的に知られている全能の神の大いなる日、この重大な戦いの詳細に入る前に、少し背景を理解する事が役に立ちます。

MegiddowasanancientcityofIsraelItguardedtheArunaPassthemostimportantpassthroughthemountainsofnorthernIsraelThecityitselfisintheValleyofJezreelonthenorthernendofthepass

ThatvalleyopensupintothePlainofEsdraelonTheKishonRiverrunsnorthwestthroughJezreelandEsdraelonandintotheTheHaradRiveralsodrainstheValleyofJezreelandheadseasttojoinupwiththeriverJordan

メギドハルマゲドンは、イスラエルの古代都市だった。

それはアルナパス、イスラエル北部の山を通して最も重要な峠越えの山道を守っていた。

街自体は峠越えの山道の北端のエズレルの谷にある。

その谷はエスドラエロンの平原に開きます。キション川はエズレルとエスドラエロンを通って地中海に流れます。ハラド川はまたエズレルの谷に注ぎ、東に向かいヨルダン川で、合流します。

TheArunaPassisontheancienttraderoutefromEgypttoandassuchMegiddogrewrichfromthetaxesitimposedonthethatflowedthroughitBecauseitwasalsostrategictheareawasthesceneofmanybattleshistorythelastfoughtbetweentheBritishandtheTurksinWorldWarITheancientcitywasdestroyedandrebuiltmanytimesbuthaslaininruinssinceRomantimesThesiteofthecityisnowcoveredinthedirtanddebrisofmillenniaandappearsasaraisedmoundortelandiscalledinHebrewHarMegiddowhichmeanstheHillofMegiddoThisisrenderedinEnglishBiblesasMegiddoinancienttonguesmeantortroopbothfittingnamesfortheplacewherethegathershistroopsforhisfinalbattleItisalsoonly24(15miles)fromHaifaIsraelsmain

deep-water

portandthemostlikelyplaceforboatsbringingtroopsandmaterielfromabroadtodockandoffload

アルナパスは、エジプトからメソポタミアに続く古代の貿易ルート上にあり、そのようにメギドは商品を流通し、商品に課される税から豊かに成長した。

それは軍事的にも戦略的であった為、この地域は歴史を通して多くの戦いがあり、第一次世界大戦中に英国とトルコの間で戦ったのが最後の場面だった。

古代都市は破壊され、何度も再建されたが、ローマ時代から荒廃した状態になっていた。

街の敷地は現在、数千年の汚れや破片で覆われており、隆起した小山になり、メギドの丘を意味するヘブライ語のHarハルメギド、と呼ばれている。

これは、ハルマゲドンとして英語聖書で表現されます。

メギドは古代の言でランデブー集合や軍隊で、反キリストが彼の最後の戦いの為に彼の軍隊を集結する場所にふさわしい名の両方を意味します。

また、主要な水深の深い港のイスラエルのハイファから24キロ15マイルです。

船を埠頭につけ荷をおろし、海外からの軍隊と物資をもたらす可能性が最も高い場所です。

ButwhoexactlyisthegatheringhisforcestofightItcanbededucedthatitistheremnantsofanyallianceofnationsthathehasbeenfightingallalongWehavealreadyseenthatwarhasoccurredbutnowitseemsthattheandthenationsthatopposehimareabouttoreallygoatitonelastdecisivetime

しかし、正確に反キリストは誰と戦う為に彼の力を集めているのでしょうか?

それは彼が最初からずっと戦っているいずれかの同盟してる残存国であると推定する事ができます。

我はすでに戦争が発生した事を見てきましたが、今それは、反キリストと彼に反対する国が、本当に最後の決定的な時に行き着こうとしているようです。

FromreadingoverthebooksofDanielandandotherpropheticbiblicalpassagesitseemsthattheisembroiledinmanywarshisreignandtheattackonBabylontheGreatisthebattlethatprecedeshisfinalBattleof

ダニエルとヨハネの黙示録の書物や他の預言、聖書の聖句文を読んでからは、反キリストが彼の治世を通じて多くの戦争に巻き込まれているようですし、大いなるバビロンアメリカへの攻撃は、彼反キリストの最後のハルマゲドンの戦いの前の、最後から二番目の戦いです。

TheRapturehastakenplaceandtheWrathofGodisbeingpouredoutprimarilyitseemsontheandhisforcesbutalsoaffectingeverypartoftheearththerearestillnationsevenatthispointthatwillnotsubmittotheotherwisethewouldhavenoonetofightagainstThemustnowbetowipethemoutonceandforall

ラプチャー携挙が行われ、神の怒りが注ぎ出され、それはおもに反キリストと彼の軍隊に思えるが、また地球のあらゆる部分に影響を与えます。

どうやらこの時点で、反キリストに服従しない国がまだあります。

反キリストは今一度、そして全てそれら反抗する国を一掃するために断固として決定を下さなければならない。

ラプチャー携挙けいきょ、英語:Raptureとは、イエスキリストの預言された終わりの時に、主イエスキリストの再臨2度目の来臨において起こる超自然的な事象である。

まずイエスを受け入れた歴史上の死んだすべてのクリスチャンの霊が、復活の体を与えられ、霊と体が結び合わされ、最初のよみがえりを経験し、

次に地上に生きているすべてのクリスチャンが一瞬で永遠の不死の体を与えられ、空中で共に主イエスと会い、一時的に天国へと移動する。

IfthesepeopleandnationsarefightingthethenitisobviousthattheydonotworshiphimnorhavetheyacceptedtheMarkoftheBeastBysimpledeductionwecanthenseparatehumankindatthistimeintothreegeneralgroups:

1)thosewhoaresavedandweretakenuptoHeavenattheRapture2)thosewhofollowtheand3)thosewhoarenotsavedbutwhorefusetobealliedwithortotheandhisregimeForthesakeofinthischapterwellgivethisthirdgroupthosearrayedagainstthethemonikerofAnti-orAACsforshort

これらの人と国が反キリストと戦っている場合、それは彼らが彼を崇拝しないで、獣の刻印666を受け入れていない事は明らかである。

単純な推論によって、我はそれから3つの一般的なグループに、この時点で人類を分類する事ができます。

1救われ、ラプチャー携挙歓喜で天国に取り上げられた人達、

2反キリストに従う者、

と、

3救われていませんが、それにもかかわらず反キリストと彼の政権と同盟国に従属する事を拒否する人。

この章の説明を簡単にする為に、我は、この第三のグループ、反キリストに対して戦闘する敵対する人、略してアンチアンチキリスト、反反キリストまたはAACSAntiAntiChristsのあだ名として略語を与えます。

ThemostlikelyoftheseemstobethattheBattleoftakesplacewhentheseventhPlagueoftheWrathofGodispouredoutafterthesforceshavegatheredtogetherinthevicinityoftheHillofMegiddo

聖書の最も可能性の高い解釈は、反キリストの軍隊がメギドハルマゲドンの丘の近くに集まってきた後、神の怒りの第七の災害が、注がれた時にハルマゲドンの戦いが起こるようです。

ThentheseventhangelpouredouthisbowlintotheairandaloudvoicecameoutofthetempleofHeavenfromthethronesayingItisdoneAndtherewerenoisesandand;andtherewasagreatsuchamightyandgreatashadnotoccurredsincemenwereontheearthNowthegreatcitywasdividedintothreepartsandthecitiesofthenationsfellAndgreatBabylonwasbeforeGodtogiveherthecupofthewineoftheofHiswrathTheneveryislandfledawayandthemountainswerenotfoundAndgreathailfromheavenfelluponmeneachhailstoneabouttheweightofatalentabout35kgor75lbsMenGodbecauseoftheplagueofthehailsincethatplaguewasgreat

16:17-21

第七の者が、その鉢を空中に傾けた。すると、大きな声が聖所の中から、御座から出て、事はすでに成ったと言った。

すると、いなずまと、もろもろの声と、雷鳴とが起り、また激しい地震があった。

それは人間が地上にあらわれて以来、かつてなかったようなもので、それほどに激しい地震であった。

大いなる都は三つに裂かれ、諸国民の町は倒れた。

神は大いなるバビロンを思い起し、これに神の激しい怒りのぶどう酒の杯を与えられた。島はみな逃げ去り、山は見えなくなった。

また一タラントの重さほどの大きな雹が、天から人の上に降ってきた。

人は、この雹の災害のゆえに神をのろった。その災害が、非常に大きかったからである。

ヨハネの黙示録16:17-21

UponthepouringoutofthisseventhbowlavoicefromthethronesaysItisdonemeaningThisistheEndThisisthelastsceneofthehorrordramaofallthedamagethatmanhaswroughtonEarthThisisthelasthorrificbattlebeforetheofGodskingdomonEarthWarismansmostardentlypursuedcreatingthemostpossibletheultimateofmanstomanandinthiswartheDevilandmanhavecombinedtobringaboutthemostutterever

この第七の鉢が注ぎ出す時に、王座から声が、事はすでに成ったと言うその意味はこれで終わりです!です。これが人間が地球上にぶちまけたすべての損害のホラードラマ恐怖劇のラストシーンです。

これは地球上の神の国の設立前の最後の恐ろしい戦いです。

戦争は人間の最も熱心な、人間に最も破壊を与える可能性のある、人間の非人道性の究極の症状を成し、占領を追求しており、この戦争で悪魔と人間はこれまでで最も完全な荒廃をもたらす為に協力している!

OnegreatfinalisgoingtodestroythecitiesofthenationsWhetherthismeansallthecitiesoftheworldisnotmadeclearbutthisisveryIsaiahalsothisgreatfinalutteratthetimeoftheBattleofwhenhespokeofthedayofthegreatslaughterwhenthetowersfall(Isaiah30:25)

一つの大きな最後の地震が、国の都市群を破壊しようとしているが、これは世界中の全ての都市の事であると意味するかどうか明らかにされていない。

しかし、それにもかかわらず、この地震は非常に破壊的である。

イザヤはまた、ハルマゲドンの戦いの時の、この偉大な最後の全くの破壊を予想して、彼が話した時にこう言いました。

大いなる虐殺の日、やぐらの倒れる時。

イザヤ書30:25

JohnsvisionisbyEzekielsoftheBattleofinEzekielchapters38and39GodtoldEzekielthattheresgoingtobeagreatshakingwhenGodfinallydecidestojudgetheAfterhescausedsomuchtroubleforthosewhorefusetoworshiphimandhaswarredagainstanynationsthatopposehimGodfinallywillputastoptohim

ヨハネの黙示録的なビジョン幻は、エゼキエルの38と39章のハルマゲドンの戦いについてのエゼキエルの説明と平行している。

神は、神が最終的に反キリストを裁く事を決定した時に、大きな地震が起こる事をエゼキエルに語った。

彼反キリストは、彼を崇拝する事を拒否する人に多くのトラブルを引き起こし、彼に反対するすべての国に対して戦争した後、神は最終的に反キリストに終止符を打つでしょう!

ForinMyjealousyandinthefireofMywrathIhavespoken:SurelyinthatdaythereshallbeagreatinthelandofIsraelSothatthefishoftheseathebirdsoftheheavensthebeastsofthefieldallcreepingthingsthatcreepontheearthandallmenwhoareonthefaceoftheearthshallshakeatMypresenceThemountainsshallbethrowndownthesteepplacesshallfallandeverywallshallfalltotheground

Ezekiel38:19-20

わたしは、わがねたみと、燃えたつ怒りとをもって言う。その日には必ずイスラエルの地に、大いなる震動があり、海の魚、空の鳥、野の獣、すべての地に這うもの、地のおもてにあるすべての人は、わが前に打ち震える。また山はくずれ、がけは落ち、すべての石がきは地に倒れる。

エゼキエル書38:19-20

HereagainthegreatispredictedandthistimeitgivesitsepicenterasIsrael

ここで再び大きな地震が予測され、今回はイスラエル震源地を与えている。

AndIwillbringGoganameusedbothfortheandtheDeviltojudgmentwithandbloodshed;Iwillraindownonhimonhistroopsandonthemanypeopleswhoarewithhimfloodingraingreatfireandbrimstone(Ezekiel38:22)Wejustreadin16thattheseventhplagueoftheWrathofGodincludedmightyweighingover35kilograms(75lbs)eachThusIwillmagnifyMyselfandsanctifyMyselfandIwillbeknownintheeyesofmanynationsThentheyshallknowthatIamtheLord(Ezekiel38:23)

そして、私は疫病と流血との裁きをゴグ反キリストと悪魔の両方に使用される名前にもたらすでしょう。

わたしは疫病と流血とをもって彼をさばく。わたしはみなぎる雨と、ひょうと、火と、硫黄とを、彼とその軍隊および彼と共におる多くの民の上に降らせる。

エゼキエル38:22

私達はちょうど神の怒りの第七の災害はひとつが35キロ75ポンドの重さの巨大な雹が含まれる事を黙示録16章で読み取れます。

そしてわたしはわたしの大いなることと、わたしの聖なることとを、多くの国民の目に示す。そして彼らはわたしが主であることを悟る。

エゼキエル38:23

In19Johnwrites:NowIsawHeavenopenedandbeholdawhitehorseAndHewhosatonhimwascalledFaithfulandTrueandinHejudgesandmakeswarHiseyeswerelikeaflameoffireandonHisheadweremanycrownsHehadanamewrittenthatnooneknewexceptHimselfHewasclothedwitharobedippedinbloodandHisnameiscalledTheWordofGod(19:11-13)

黙示録19章でヨハネは書いた、

またわたしが見ていると、天が開かれ、見よ、そこに白い馬がいた。それに乗っているかたイエスキリストは、忠実で真実な者と呼ばれ、義によってさばき、また、戦うかたである。その目は燃える炎であり、その頭には多くの冠があった。また、彼以外にはだれも知らない名がその身にしるされていた。彼は血染めの衣をまとい、その名は神の言と呼ばれた。

ヨハネの黙示録19:11-13

UpuntilthistimetheandhisforceshavebeenfightingtheAACswhoarearrayedagainstthemAnditcouldbetheorizedthatbecauseoftheimmensepowerandresourcesthehasavailablethatheismostlikelygettingtheupperhandButnowafarmorefoehasenteredthebattleleadingaheavenlycavalrycharge

この時までは反キリストと彼の軍隊は、彼らに敵対しているAACS反反キリストと戦ってきた。

そして、反キリストは最も高い優位を得ている事が、巨大な権力勢力法的権限支配力と資源の可能性を利用できるが故に、理論付けができます。

しかし、今、はるかに手ごわい敵イエスキリストは天国の騎兵の突撃を先導する戦闘に入りました。

WhoisitthatJohnsawcomingonawhitehorseSomeonecalledFaithfulandTruewhoseNameiscalledTheWordofGodThiscanbenoneotherthanJesustheWordthatbecamefleshanddweltamongus(John1:14)

それでは、ヨハネが、白い馬に乗って来る者を見ている、とは誰ですか?

誰が、名前が神の言と呼ばれている、忠実な、真実、と呼ばれている者ですか?それは、イエス様を他にしては誰もいません。

そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた。

ヨハネによる福音書1:14JA1955

HereisJesusChristcrownedwithmanycrownsnotcomingasababeinamangernotcomingasamercifulsaviorThistimeHescomingwithandwithjudgmentHeiscomingnowasagreatwarriorandajudgetomakewarasKingofkingsandLordoflords

ここで、多くの冠カンムリを冠カンするイエスキリストは、今回は飼い葉おけの赤ん坊として来ていないし、慈悲深い救い主として来ていません。

今回は彼は正義で、裁く者として来ています。

彼イエスは王の王、主の主として、戦争をする為に偉大な戦士と裁判官として、今来ている!

AndthearmiesinHeavenclothedinfinelinenwhiteandcleanfollowedHimonwhitehorsesNowoutofHismouthgoesasharpswordthatwithitHeshouldstrikethenationsAndHeHimselfwillrulethemwitharodofironHeHimselftreadsthewinepressoftheandwrathofAlmightyGodAndHehasonHisrobeandonHisthighanamewritten:KINGOFKINGSANDLORDOFLORDS

19:14-16

そして、天の軍勢が、純白で、汚れのない麻布の衣を着て、白い馬に乗り、彼に従った。その口からは、諸国民を打つために、鋭いつるぎが出ていた。彼イエスキリストは、鉄のつえをもって諸国民を治め、また、全能者なる神の激しい怒りの酒ぶねを踏む。その着物にも、そのももにも、王の王、主の主という名がしるされていた。

ヨハネの黙示録19:14-16JA1955

AndthearmiesinHeavenfollowedHimonwhitehorsesTherearemanytohorsesinthepassagesaboutIn9:16Johnseesavastmultitudeofmountedhorsemenandistoldthattheynumber200millionThisisinthemiddleofapassagethattalksaboutaverydifferentkindofbattlehorsesthathaveheadslikelionsthatbreatheoutfireandtailslikeserpentsthatstingItisverytousrightnowwhatthesehorsesandtheirridersactuallyare

そして天の軍勢が白い馬に乗って彼に従った。ハルマゲドンについての馬に関する聖句文には多くの参照があります。

黙示録9章16節に、馬に股がった騎手の莫大な膨大なものすごい大変な多数をヨハネが見て、彼らの数は2億と言っている。

これは火を吐くライオンのような頭と、蛇ような刺す尾を持っている戦闘馬の非常に異なる種類について語る聖句文の途中にある。

これらの馬とその騎手が実際に、どんなものなのかは、今の私達には非常に神秘的である。

OutofHismouthgoesasharpswordthatwithitHeshouldstrikethenations(19:15)HesgoingtostrikethemwithHisWordTheworldswereframedbytheWordofGod(Hebrews11:3)IfHecanmakethewholeworldandthewholeuniversejustbyspeakingtheWordhowmuchmorecanHesmitethenationswithHisWord

その口からは、諸国民を打つために、鋭いつるぎが出ていた。

ヨハネの黙示録19:15

彼は彼の御言葉で彼らを打つ。

この世界が神の言葉で造られたのでありヘブル人への手紙11:3

彼はただ言葉を話す事によって、全世界と、全宇宙を創造する事ができたのであれば、どれだけ多くの力で、彼の言葉で諸国民を強打する事ができるだろう?

HeHimselftreadsthewinepressoftheandwrathofAlmightyGodAndHehasonHisrobeandonHisthighanamewritten:KINGOFKINGSANDLORDOFLORDS(19:15-16)ThispictureofthegrandfinaleofthejudgmentsofGodwithChristcomingandcastingthewickedintotheGreatWinepressofGodsWrathisalsodescribedinchapter14:

彼は全能者なる神の激しい怒りの酒ぶねを踏む。その着物にも、そのももにも、王の王、主の主という名がしるされていた。

ヨハネの黙示録19:15-16

神の裁きのグランドフィナーレのこの絵像は、キリストの来臨と、邪悪な者が神の怒りの大いなる酒ぶねに投げられる事が、また黙示録第14章で語られています。

ThenanotherangelcameoutofthetemplewhichisinHeavenhealsohavingasharpsickleAndanotherangelcameoutfromthealtarwhohadpoweroverfireandhecriedwithaloudcrytohimwhohadthesharpsicklesayingThrustinyoursharpsickleandgathertheclustersofthevineoftheearthforhergrapesarefullyripeSotheangelthrusthissickleintotheearthandgatheredthevineoftheearthandthrewitintothegreatwinepressofthewrathofGodAndthewinepresswastrampledoutsidethecityandbloodcameoutofthewinepressuptothehorsesbridlesforonethousandsixhundredfurlongs

14:17-20

また、もうひとりの御使が、天の聖所から出てきたが、彼もまた鋭いかまを持っていた。さらに、もうひとりの御使で、火を支配する権威を持っている者が、祭壇から出てきて、鋭いかまを持つ御使にむかい、大声で言った、その鋭いかまを地に入れて、地のぶどうのふさを刈り集めなさい。ぶどうの実がすでに熟しているから。そこで、御使はそのかまを地に投げ入れて、地のぶどうを刈り集め、神の激しい怒りの大きな酒ぶねに投げ込んだ。そして、その酒ぶねが都の外で踏まれた。すると、血が酒ぶねから流れ出て、馬のくつわにとどくほどになり、一千六百丁174544mにわたってひろがった。

ヨハネの黙示録14:17-20

パート2へ続く

tobecontinuedtoPart2

その後のハク

プリンの旅立ちにたくさんの温かいお言葉をいただき、本当にありがとうございました。

プリンは実家の庭にある金木犀の木の下で、先輩のちゅん太の横に埋葬しました。

今日は仕事をしていても、1日中

なんでプリンは死ななくちゃいけなかったのか

なんでもっと他の手立てを考えなかったのか

なんで病院を変えてみなかったのか

と、ぐるぐると考えてしまいました。

後悔しかありません。

プリンのいないカゴをみて、プリンがいつも遊んでいた姿を思いだそうとしても遠い昔のことのようで思い出すことができません。

なんでこんなことになったのか。

考えてもどうしようもないことばかりが頭をめぐります。

さて、プリンがいなくなった後のハクの様子ですが

プリンと最期のお別れ後、呼び鳴きばかりするようになり私の手から離れようとしません。

プリンがいない不安でいっぱいなのです。

今日は仕事中に何度か監視カメラでハクの様子を確認しましたが、同じ位置にいて全くというほど動きません。

ご飯を食べに行く様子もありません。

黄色の中にいます。

何時間後に見ても全く同じです。

そのまた何時間後

全く食べる気配がありません。

朝も私が差し出してあげないと食べようとしませんでした。

今までは食いしんぼうのプリンがハクの分のおやつも全部食べてしまい、ハクはその食べ残しを食べるというパターンでした。

今、カゴの中はごちそうでいっぱいで誰にも邪魔されません。

食べ放題なのに、全く手をつけません。

食べないだけではなく、全く動くこともしません。

遊ぶこともありません。

鳴き声もほとんど聞こえません。

このままだとハクまで病気になるかもしれません。

ずっとずっとプリンと何をするのも一緒だったので、ハクはどうしたらいいのか分からなくなっているのだと思います。

今後ハクのためにできることは何だろう。

私は早朝仕事に行って、夜に帰るので長い時間ハクは全くのひとりぼっちになります。

ハクに仲間を作ってあげたいですが、家の事情でこの先新しい子は迎えないつもりです。

ハクを養子に預けるか。でも私までいなくなるとさらに淋しがるかな私もさみしいし。

お友達を何羽かお借りするか。でもその子たちも長時間放置になるので、何かあったら困ります。

こんなことを仕事中なのにずっと考えてしまいます。

何か良いアイデアがあれば教えてください。

長文をだらだらとすみません。

まだ頭の中が後悔と不安でいっぱいです

備えは必要なんだなぁ。 - ノープロブレム・ダイアリー

昨日の大きな地震のお陰で、いろんなことが起きてるようで。。。。

シマウマが逃げた・・・なんてデマ情報やら

(なぜシマウマ???)

6月21日に、南海トラフが来る・・・なんてトンデモ予測もでたりして

実際、余震を感じている人達には、嬉しくない情報ばかり。

東日本や熊本の地震は、最初の大きな地震から3日以内にもっと大きな本震が来たから、

確かに、落ち着かないんだろうと思う。

気象庁も、1週間以内に、また大きな地震が来るかも知れないから、注意するよう言ってるわけだし。

実は、実家のある市は、災害救助法適用地域に指定された一つで、

私の通った小学校や中学校が、なんと避難場所としてすでに解放されている。

そのニュースに驚いて、母にメールすると

よく揺れてるけど、この変は静かよ。ご心配なく。

と返事が届いた。

高齢の父と母が落ち着いていることで、ちょっと安心。

阪神淡路の震災の時は、食器棚の扉が開いて、中のモノがすべて割れた。

あれ以来、タンスは倒れないように支えをしてあるし、扉も簡単には開かないようにしてある。

重かった屋根瓦は、新しく軽いものに取り替えた。

壁の亀裂も修理したし、ま、今できる範囲では地震対策はバッチリ!なんだろう。

これで家が倒壊するなら、もう仕方ない・・・・

水や食料も、日ごろからある程度のストックもあるし。

子どもに頼らない生活をするって、こういうことなんだろうなと思う。

もちろん弟夫婦は同じ市内に住んでるし、何かあればすぐ駆けつけてくれるけど

100%頼って生きるほど、もうろくしてないというところは尊敬できる。

両親とも、今年で85歳になりますが。。。。。

友人のところは・・・というと、ちょっと驚きの準備中。

断水と停電に備えて、キャンプ用の水筒やクーラーボックス、水タンクを身近に置き、

家中の空きボトルに水を詰めて冷蔵庫に保存、

避難所に行く荷物の準備も済ませた・・・・という。

え〜〜そこまでしてるの!?

彼女の自宅近辺スーパーでは、お米や水が、飛ぶように売れているらしい。

中には売り切れ商品も出ているそうで。

ま、あちらは阪神淡路の時に、実被害をマトモに受けた地域に近い。

長い避難所暮らしを経験した人も少なからずいるから、

準備万端整えるんだろうな。

それにしても、凄すぎる。。。。。

天災は、いつやってくるかわかりませんからね。

当然、備えは必要なんですが、

東日本の時、やたらと買いこんだ非常食の、その後の置き場所に困った人の話もあります。

とりあえず3日間、家族が生き延びることができる準備だけは

完璧にしておきましょうか。

そして、必要以上の備えは、かえって気持ちを苛立たせるし、

不安が募るばかりなので、落ち着いて行動できるよう

まずはいらないものを捨てて、何が、どこにあるのかしっかり把握しなくっちゃ。

乾パンの賞味期限を調べたら、なんと本日まででした。

あまりにもタイムリーでしたわ。。。。

四年に一度のワールド杯!日本代表の晴れ

四年に一度のワールド杯!日本代表の晴れ舞台!!そうだね。じやあ野球みるわ。

日本スタメン川島酒井宏吉田昌子長友長谷

日本スタメン川島酒井宏吉田昌子長友長谷部柴崎原口香川乾大迫川島以外予想通り!ゴールキーパーとにかく不安なのでコロンビア勝てるよ